塩ぶりかま

粗塩をふり、一晩は寒風にさらすのが本来のベスト

料理情報・栄養成分
  • カロリー665kcal
  • 塩分6.2g

料理を始めましょう

材料(つくりやすい分量)

作り方

ぶりかまは買ってきたら、水けをふいて分量の塩を全体に均一に振る。

バットなどにさらしか、ペーパータオルをひいて、ぶりかまを並べる。このまま冷蔵庫の一番寒いところにおいて、一晩〜二晩おく。

魚焼きロースターか、魚焼き用網で両面こんがり焼く。
※焼く30分前には室温に出しておく。

それぞれ、持っている道具が違うので、自分の道具を見極めて、焼きます。火加減は強すぎず、弱すぎずが目安です。

焼き上がったら、キッチンばさみで切り分けやすいところで、パチンと2つに切り分ける。
大根おろしとブツ切りにした葱をそえて、魚を盛り付けます。

見た感じは、切らずに大きいひとかまを盛り付けると、迫力が出るけれど、量的にかなり多めなので1つを2人で分けるくらいが、一人分として、ちょうどよいです。

♪焼き魚を焼くときは、猫などに気を付けつつも、焼く30分前には、室温に出しておくと、美味しく焼けます。

魚はある程度の火の強さで焼くと、魚の旨味をギュッと閉じ込めることが出来て、身も柔らかに、そしてジューシーに焼くことが出来ます。

だから、冷蔵庫からの出し立ては、中に火が通る前に外側が焦げてしまいがち。美味しく焼くためにも、少し前に室温に出しておきます。